LAB.コラム

【断熱コラム3】

 

  
無題111111

 

日本人の死因の第1位はガンですが、高齢者においては、

脳梗塞と心筋梗塞がガンの死亡者数を上回ります。

これらの疾患は、家の寒さ、特に暖房の効いた居間から寒い浴室へ移動して裸になったり、

夜中に暖かい布団の中から寒いトイレへ行ったりするなど

住宅内での急激な温度差が引き金となることが少なくありません。

 

また、夏の住宅内での熱中症においても、発症者は高齢者に多く、

こちらは家の暑さが要因となります。

断熱性能が低い家は、最悪の場合、死に至るほどの健康リスクがあります。

 

        1121211112121

 

 

 

 

実はこの危険性は、なにも高齢者に限ったことではありません。

冬の冷たい空気が、私たちの肺に与える影響はとても大きい。

家の断熱性能をアップすることで年齢を問わず肺疾患が改善し、

風邪をひきにくくなり、お子さんが学校を欠席したり、

お父さんやお母さんが会社をお休みすることが減少したという

ニュージーランドの研究データもあるほどです。

世界に比べて日本の「住まいの断熱」に対する考え方は、

住まい手の意識も、基準や法制度もかなり遅れているのが実情です。